Column

革の基礎知識 Basic knowledge of Leather

革の基礎知識

革の種類と特徴

バッグや靴、ウエアにベルトなど、人々を魅了してやまない革製品。だが、製品だけでなく革素材も気になるのが、レザーファンというもの。革のある生活をより楽しむためにも、革素材となる代表的な動物たちを覚えておきたい。

牛 Cow

最も利用されている革素材

古くから最も革製品に利用されている革素材の代表格。仕上がりが美しく丈夫であり、流通量も多い。月齢や性別などによって下記のような名称・性質の違いがある。

こんなものに使われています 靴/バッグ/ベルト/家具など
牛 Cow
カーフ
表面のキメ細やかさが際立つ最高級素材
生後6カ月以内の仔牛の革で、乳牛種の牡が大半を占めている。生後間もないため傷が少なく、表面が滑らかで繊維も細かく柔らかいのが特徴。特に生後3カ月以内の仔牛の革であるベビーカーフは、カーフより厚みが薄く表面もキメ細やかであるため、高級革製品の材料として使われている。
キップ
美しさと手ごろさを備えた高級品
生後6カ月から2年までの中牛の革を指す。カーフ同様、仔牛のため表面のキメが細かく、ケガなどによる傷も少ない。カーフに比べて滑らかさは劣るものの、革が厚く強度があるため汎用性が高く、高級品の中では手ごろな材料とされている。
ステアハイド
最もポピュラーな牛革素材
生後2年以上が経ち、生後3カ月から6カ月の間に去勢された牡牛の革。比較的厚みが均一で傷が少なく、表面のキメ細やかさはキップに近い。流通量が多く幅広い革製品に利用されている、最もポピュラーな牛革だといえる。
カウハイド
バランスの取れた牛革の代表的存在
生後2年以上で、出産を経験した牝の成牛の革。厚さ、強度などにおいて、キップとステアハイドのほぼ中間ともいえる特徴をもつ。成牛であるため、比較的大きな面の革が取れ、大型の鞄やジャケットなどに使用されることが多い。
豚 Pig

日本で自給できる唯一の皮革

飼育から皮革製品までのすべてを、日本国内で一貫して生産できる唯一の皮革で、海外にも輸出されている。スエード状に仕上げたピッグスキン・スエードは人気が高く、カジュアルシューズなどにも使われる。革の表面に三つずつ並んだ毛穴は全層を貫通し、優れた通気性をもたらすため、靴の中敷に利用されることも多い。

こんなものに使われています 靴/バッグ/ウエア/小物など
豚 Pig
馬 Horse

光沢の美しいコードバンが魅力

繊維構造が粗く全体的に薄くもあるため、牛革に比べて強度は落ちるが、その分柔軟性に富んでおり、昔から衣料製品に用いられることが多い。なかでも、コードバンと呼ばれる採取量の少ない重量馬の臀部の革は、空気も水も通さないほど繊維が緻密で硬く光沢が美しい高級素材として重用されている。

こんなものに使われています 靴/バッグ/ランドセル/小物など
馬 Horse
鹿 Deer

日本となじみ深い耐水性の高い革

柔らかで、手触りがよく、耐水性に優れているなどの特徴があり、日本では古くから武具や衣類に使われてきた。また、植物油でなめしたものはセーム革と呼ばれ、水分を吸収しやすいながらも硬くならず、伸びても元に戻る性質を活かして、レンズや自動車磨きにも使用されている。

こんなものに使われています ウエア/手袋/武具/拭きものなど
鹿 Deer
山羊 Goat

独特のシボと柔らかさが特徴

独特の表面の細かなシボが見られる山羊の革。おとなの山羊革をゴートスキン、仔山羊のものをキッドスキンと呼び、ゴートスキンの革は薄いが強度に優れ緻密な繊維をもつ。柔らかいが丈夫で型くずれしにくい点も特徴だ。キッドスキンはゴートスキンに比べてさらに薄くて軽く、高級靴や手袋、衣類などに用いられている。

こんなものに使われています 靴/ハンドバッグ/ウエア/手袋など
山羊 Goat
羊 Sheep

抜群の手触りで高級衣料に使用

羊革のことをシープ、生後1年以内の仔羊をラムと呼ぶ。毛穴によるキメが細かく、薄くて柔らかいのが特徴。ただし繊維が粗いため、強度が必要な革製品にはほとんど利用されない。ラムの手触りは素晴らしく、高級な手袋や帽子、また毛付きのものはムートンとしてコートなどに使われている。

こんなものに使われています ウエア/ゴルフ手袋/帽子など
山羊 Sheep
革製品の基礎を知ろう!『革の基礎知識』目次

その他のコラム

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ入門ガイド
日本の革文化 世界の革産地