Column

革の基礎知識 Basic knowledge of Leather

革の基礎知識

革製品の見方 - 靴を知る

革製品の中でもファンが多い、革靴。靴選びがもっと楽しくなる基礎知識を紹介しよう。

パーツを知る

トゥキャップ

つま先を覆う飾り革。ファッションとして最も目を引く部分であり、銀面が整った革が使用されることが多い

アイレット

靴紐を通す穴。一般にハトメと呼ばれる補強用金具を指し、5つ穴が最もスタンダードとされている

クォーター

靴の腰革で、土踏まずからくるぶし、踵までをぐるりと覆う部位。ここの形状が履き心地を大きく左右する

タン

レースステイ下部にある革片。足当たりを良くするなどの役割がある。舌革、または砂除け革とも言う

ヴァンプ

甲の前部を覆う部位。トゥキャップとクォーターの間に位置し、最も酷使される部位のひとつだ

シューレース

靴ひも。足に靴をフィットさせる最終調整の役割を果たすが、飾りとして用いられる場合もある

ライニング

足当たりをよくするためにアッパーの裏面に貼り付けられるパーツ。サイズが合わないと傷みやすい部位

バックステイ

踵の縫い割りを補強する部位。犬の尾のように突き出していることから、ドッグテールとも言われる

コバ

靴底の縁のこと。土踏まずを起点とした靴底の外周を指し、一周させたコバはダブルヘッジと呼ばれる

アウトソール

ヒールを除いた靴の底面。本底、表底とも言う。革のほか、ラバーやクレープなどが使われている

トップリフト

ヒールを守るために、地面に着く先端に取り付けられる部位。ヒールの損傷を防ぐ役割を果たす。化粧とも言う

ヒール

踵にかかる圧力を分散し平均化するための支え。一定の高さがあり、蹴り出しをサポートする機能も持つ

革製品の基礎を知ろう!『革の基礎知識』目次

その他のコラム

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ入門ガイド
日本の革文化 世界の革産地