Column

革の基礎知識 Basic knowledge of Leather

革の基礎知識

革製品の見方 - 手袋を知る

防寒用からファッションアイテム、スポーツ用品として広く使われる手袋。
それだけに素材や縫製まで多種多様な顔を持つ。

革の特性が最大限発揮される革手袋

手袋にはさまざまな素材が使われる。だが、その中でも革手袋は特別だ。水分や汗を革の毛穴から放出するため蒸れにくく、摩擦や熱にも強く溶けない。また、伸縮性があるためよく手になじみ、経年とともに自分仕様の形に変化していく。このように革の特性が存分に発揮される革手袋だからこそ、支持も厚い。なお、革手袋を選ぶ際にはフィット感が大事なポイントだ。前述した伸縮性を考えると、最初は少しキツいくらいのサイズが丁度いい。

パーツを知る
矢印

一双の手袋は、全14パーツからなる。ハギと呼ばれるマチ部分は、手袋を立体的にする役割。また、指の部分には薄く柔らかい腹の革をあて充分な伸びを確保する。親指部分は窮屈にならないよう、マチ部分が広めに取られている。

手袋
素材を知る
鹿革
鹿革

キメ細かい繊維を持ち、通気性、吸湿性、保湿性、柔軟性に優れる。また、薄くて軽い点も手袋に向く

牛革
牛革

皮革製品で最も活用される牛革は、手袋でもメジャーな素材。野球などのスポーツグローブにも使われる

ピッグスキン
ピッグスキン

軽くて丈夫な豚革。スエードに仕上げたピッグスキンスエードは柔らかい毛が心地よく人気の素材だ

ゴート
ゴート

山羊革は緻密な繊維で高い強度を誇るため、バイクやスキー用など、負荷のかかるスポーツ手袋によく使われる

ラムスキン
ラムスキン

生後1年以内の子羊の革を指す。強度にはやや欠けるものの、毛穴によるキメが細かく柔らかい手触りは秀逸

ヘアシープ
ヘアシープ

成羊の革。高級ソフトレザーの主力として手袋によく用いられる。薄い・柔らかい・丈夫と三拍子揃った素材だ

縫製を知る

縫製がデザインの一部である、というのも革手袋の特徴だ。例えば厚手の生地には外縫いが適しており、いかにも堅牢そうな表情になる。逆にレディースのスマートな薄手の手袋には、縫い目が表に出てこないオール内縫いが多くなる。縫製は素材別に変わり、装着感に深く関わってくるため、職人の腕の見せ所だ

その他のコラム

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ入門ガイド
日本の革文化 世界の革産地

Category

What's New

手軽にクリエイター気分 簡単レザーブローチ

2017.7.14 | ハンドメイドレシピ 手軽にクリエイター気分 簡単レザーブローチ を公開しました。

2017.6.9
【日本の革コラム | 革製品のお手入れ】5分で実践 自宅で応急処置メンテ を公開しました。
2017.5.19
【日本の革コラム | 革製品のお手入れ】月イチケアからはじめてみよう プロが教えるメンテマニュアル - スエードブーツ編 を公開しました。
2017.4.14
【日本の革コラム | 革製品のお手入れ】月イチケアからはじめてみよう プロが教えるメンテマニュアル - バッグ・小物編 を公開しました。