Column

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ基礎知識

革製品のお手入れ

革のトラブルシューティング 悩み別セルフメインテナンス術
2. 使い古されて色が剥げてきた!

2. 使い古されて色が剥げてきた!

しっかり使いこまれ、取っ手や底の部分の革が剥げている女性用バッグ。もともと自然なムラ感のある風合いの染料によって仕上げたバッグであったため、使い込まれてもヤレ具合は目立ちにくいが、やはりこうした剥げや傷は目についてしまう。

かなり使いこまれた革とキャンバスを組み合わせた女性用バッグ。常に手が触れるハンドル周辺や、バッグを置いたときに擦れる底部分の色が剥げ、無数の傷も付いている

■ 色剥げに効くケアグッズ
皮革用液体水性染料 / 乳化性の汚れ落とし / 仕上げ用下塗り剤 / 柔らかいタオル

STEP 1 まずは目立たない場所から

まずは目立たない場所から

まずはバッグの表面に付いているホコリを落とす。基本的には柔らかい布で空拭きのみ。染め始めは、染料の色が合うかどうかを目立たない場所に入れてようすを見ること

STEP 2 色ムラを見ながら染める

色ムラを見ながら染める

色がムラになっている縫い目部分の当て革から染料を入れていく。染め布に染料を少しずつ付けながら押しこむように染料を入れていく。特に色の薄い部分は念入りに

STEP 3 底面には多めに染料を

底面には多めに染料を

擦れて表面が傷んでいる底面の角の部分。染料を乗せるとすぐに染み込んでいくので、たっぷりと染料を入れていく。染料が乾かないうちは仕上がりより濃く見える

STEP 4 細かい部分も染料を入れる

細かい部分も染料を入れる

縫い目や革の端など、細かい部分にもしっかり染め布を当てて染料を入れていく。たっぷりと染料を布に付けて、叩くようにしていくとこうした場所でもしっかりと染まる

STEP 5 指の腹で感触を確認

指の腹で感触を確認

広い面積の部分を染める時には、指の腹を使ってやさしく塗りこんでいく。今回は元のムラ感を生かしながら染めていくので、全体の色調を見ながら均等に染めていく

STEP 6 乾いてから仕上げの作業

乾いてから仕上げの作業

全体が染まったら染料が乾くのを待ち、バインダーで染料を安定させる。その後、乳化クリームで革に栄養分を与え、きれいな布で表面を磨き上げることでツヤを出していく

STEP 7 ショルダーベルトも染める

ショルダーベルトも染める

今回のバッグはショルダーベルトも革でできている。やはりベルトも擦れて傷んでいるので染料で色を補うこと。傷みが激しいのでたっぷりと染料を入れてゆく

新品のような自然な風合いを取り戻した!
擦れて色が剥げたり傷があったりした部分は色が明るく目立っていたが、染料が中まで入ることにより、染料で少し染まった周囲と馴染んで、こうした剥げや傷が目立たなくなった

クロスの巻き方

中指と薬指であれば力が入らなくて◯

中指と薬指に巻きつけるようにして持つ。人差し指を使う人も多いが、その場合、力が入りすぎてしまうという。薬指であれば力が入りづらいので、繊細な作業ができる。

革のスキンケアをはじめよう『革製品のお手入れ 入門ガイド』目次

その他のコラム

革の基礎知識
日本の革文化 世界の革産地

Category

What's New

時々の簡単ケア

2017.10.6 | Lesson 時々の簡単ケアを公開しました。

手縫いでつくる ポーチ&ミニクラッチバッグ

2017.9.29 | Handmade recipe 手縫いでつくる ポーチ&ミニクラッチバッグを公開しました。

2017.8.21
【お手入れレッスン】使用前のビフォーケア / 使用後のデイリーケアを公開しました。
2017.7.14
【ハンドメイドレシピ】手軽にクリエイター気分 簡単レザーブローチを公開しました。
2017.6.9
【日本の革コラム | 革製品のお手入れ】5分で実践 自宅で応急処置メンテ を公開しました。