Column

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ基礎知識

革製品のお手入れ

革のトラブルシューティング 悩み別セルフメインテナンス術
3.しばらく放置したらカビが生えていた!

3. しばらく放置したらカビが生えていた!

カビが生えたらとにかくそれを取り除くしかない。カビは革に根を生やすことが多く、拭きとるだけではだめで、アルコール除菌剤などを使って、菌そのものを取り除く必要がある。除菌剤を使って根気強くカビを拭きとっていこう。

表面にうっすらと白いカビが生えたレザーシューズ。一見するとホコリにも見えるが、しっかり白カビが革に根を生やしているので、表面をこすっただけでは落ちなくなっている

■ カビに効くケアグッズ
アルコール除菌スプレー / 乳化性クリーム / 柔らかい布 / クリーム付け専用ブラシ / 白馬毛、山羊毛ブラシ / シューキーパー

STEP 1 水拭きである程度落とす

水拭きである程度落とす

表面のホコリや汚れ、浮いたカビなどを取り除く。水雑巾やウェットティッシュなどを使っていわゆる水拭きをする。これだけでもかなり表面のカビは落ちる

STEP 2 中もしっかり水拭きする

中もしっかり水拭きする

カビは靴の中まで生えていることが多いので、内側もしっかり水拭きする。中のつま先の方までしっかり拭くために、作業を始める前にシューレースを外しておくといい

STEP 3 アルコール除菌剤で拭く

アルコール除菌剤で拭く

ウエスにアルコール除菌スプレーを付けて表面を拭いていく。スプレーを靴に直接かけるとシミになる場合があるので、一度ウエスに付けて目立たない場所で試してみること

STEP 4 隅々までしっかり拭くこと

隅々までしっかり拭くこと

ソールとの際や縫い目といった隅にもカビは生えている。落としにくいだけにしっかりアルコール除菌剤で拭いていく。取れるまでゴシゴシ拭いていっても構わない

STEP 5 クリームで革を復活させる

クリームで革を復活させる

除菌剤でカビが落ちたら一度乾燥させる。乾いたら乳化性クリームを塗っていく。布でクリームを付けてもいいが、細かいところまでクリームを入れるためにはブラシの方がいい

STEP 6 靴ヒモの交換は必須

靴ヒモの交換は必須

クリームを付けたらブラッシング、拭き上げ、仕上げのブラッシングと普段のメンテと同じ作業を行う。古い靴ヒモは再びカビの発生源になるため、捨てて新しいものに交換しよう

カビが取れ見違えるように元のツヤが戻った

カビは取り除かれ、クリームとブラッシングによって、カビが生えていたとは思えないほど、本来の黒く深いツヤがよみがえった。靴ヒモも新しくなり、気分も一新!

プロのケア

カビはソールと底側の間にも潜んでいる根絶するならソールをはがして丸洗いで

ブラスではカビが生えた靴のメインテナンスを受けると、ソールをはがして丸洗いしてしまうという。というのも、カビはソールと底側の間にも生えていることが多く、カビを根絶するにはこの方法が一番なのだとか。根深いカビなら、やはり専門家に依頼しよう。

革のスキンケアをはじめよう『革製品のお手入れ 入門ガイド』目次

その他のコラム

革の基礎知識
日本の革文化 世界の革産地

Category

What's New

時々の簡単ケア

2017.10.6 | Lesson 時々の簡単ケアを公開しました。

手縫いでつくる ポーチ&ミニクラッチバッグ

2017.9.29 | Handmade recipe 手縫いでつくる ポーチ&ミニクラッチバッグを公開しました。

2017.8.21
【お手入れレッスン】使用前のビフォーケア / 使用後のデイリーケアを公開しました。
2017.7.14
【ハンドメイドレシピ】手軽にクリエイター気分 簡単レザーブローチを公開しました。
2017.6.9
【日本の革コラム | 革製品のお手入れ】5分で実践 自宅で応急処置メンテ を公開しました。