Column

革の世界を知ろう 日本の革文化 世界の革産地

日本の革文化・世界の革産地

革の国、紀州をゆく。

特殊加工ー可能性は、秘められている
特殊加工ー可能性は、秘められている

革に、鮮やかな花が咲いた。万華鏡のような色世界が映った。上品なストライプが走った。堂々たるクロコダイルの斑が刻まれた。規則的な色のパターン。不規則なパターン。このキャンバスに、描けぬものはない。特殊加工とは、有り体に言えば、高みに達した技術の結晶を言うのだ。

ソフトレザーー彼女は美しく、手強い
ソフトレザーー彼女は美しく、手強い

優美な容貌でありながら、か弱いわけではない。凛とした内面の強さを持っている。鹿革やシープをはじめとするソフトレザーは、大和撫子に似ている。彼女たちの生来の気質――伸縮性、防水性、通気性――をうんと伸ばしてあげよう。タンナーは、いつだって親の目をしている。

日本を代表する皮革産地といえば、浅草、姫路、そしてここ和歌山である。歴史は古い。室町時代の文献には、紀伊国の紐革が上等と言及している一節がある。江戸時代には和歌山城の堀内で職人が武具を手がけていた。

この地でつくられる革たち。右からヌメ、シープ(白と青)、床革、型押し革。
この地でつくられる革たち。右からヌメ、シープ(白と青)、床革、型押し革。多様性こそが和歌山らしさ。それぞれに最高峰の技術が込められており、展示会でも評判を集めている。

やがて明治維新による近代化にともない軍靴の需要が高まったことで、この地に西洋沓伝習所が設立された。ここでは海外から招聘した講師が、西洋の製靴となめしを直接伝授していたという。その後、なめしが和歌山の地場産業になり、今に至っている。

確かに、歴史は古い。だが、その長い伝統に誇りを持ちながら安穏とはしないのがこの地の皮革産業の面白さ。

和歌山という字は、和を謳うと書く。一致結束して前進するこの地の皮革産業を見ていると、その県名がよく腑に落ちた。

革の世界を知ろう『日本の革文化・世界の革産地』目次
  • Vol.7 ランドセル読本
    6年という長い年月を共にする大切なパートナー、ランドセル。実はここにもニッポンが誇る職人の技とものづくりへの想いが詰まっている。知れば知るほど、どれを選んでも同じという訳ではないことに気がつくはずだ。
  • Vol.6 革の国、紀州をゆく。
    日本の革の力を体感したい。その思いだけでこの地へやってきた。豊かな自然に囲まれた国、和歌山。かつては徳川御三家の一つであり、今は革の三大産地の一つである。その歴史と風土をかみしめながら、和歌山を、革を、旅する。
  • Vol.5 かばんの街「豊岡の旅」
    豊岡は歴史浪漫あふれる街。城崎温泉は1300年、出石そばは300年の歴史を誇る。いま、南北の観光地は、「豊岡鞄」を繋がりに賑わいを見せる。
  • Vol.4 革の街を歩く - 姫路
    姫路周辺地域は革なめしの工場が日本の中でも突出して集中している地域であり、全国の6割近いタンナーが姫路にある。新しい素材、色、加工と革の技術は日進月歩で向上している。その最前線がこの姫路なのだ。
  • Vol.3 革の街を歩く - 浅草
    年間600万人といわれる外国人旅行者のうち、約半数は浅草を訪れるという。浅草はまた外国人だけでなく、日本人にとっても古き良き日本に出会える特別な地であり、東京のキング・オブ下町といっていい存在だ。
  • Vol.2 世界の革産地を巡る旅
    人間の暮らしと密着している牛、馬、羊、豚が代表的だが、他にも革は無数の種類がある。ここでは世界中にある革とその国に伝わる技術の特徴を紹介しよう。
  • Vol.1 1000年以上の歴史がある日本の革文化
    日本の革の歴史は、飛鳥時代以前に大陸から渡来した人々によって、革の加工技術の多くが伝えられたとされている。ここでは、歴史とその地域の特性を紹介していく。

その他のコラム

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ入門ガイド
革の基礎知識