Lesson

使用前のビフォーケア / 使用後のデイリーケア

使用前のビフォーケア使用後のデイリーケア

使用前のビフォーケア

実は、その後のお手入れの頻度や手間のかかり方が変わってくるほど、ビフォーケアが大事。しかも、2ステップの簡単ケア。早速始めてみましょう。

1 ブラッシング&クリーム

馬毛などの柔らかいブラシをかけて汚れ・ホコリを落とした後、クリームを塗って栄養を与える。

※工場や工房で革製品が作られてから店頭に並び、購入されるまでには少し時間が経っていることも。
そこで、革に栄養を与える必要がある。

ブラッシング&クリーム
防水スプレーをかける
2 防水スプレーをかける

製品から20cmくらい離れた場所から、全体がぬれるまでふわっとかける(長時間かけるとシミの原因になるので注意を)。さらに効果を高めたい場合、15分ほど置いてから、再び全体にかける。

使用後のデイリーケア

ビフォーケアをしていれば、革製品のお手入れを毎日する必要はありませんが、ブラシでホコリを落としておくだけで、革をよい状態で休ませることができます。

全体をブラッシング
全体をブラッシング

馬毛などの柔らかいブラシを使って、ブラッシング。往復せず、左から右、上から下といったように、一定方向に5、6回かけるだけでOK。

※編んでいる革の場合、ホコリがたまりやすい革と革の間を意識しながら、ブラシをかけるようにする。

全体をブラッシング
check!
ブラシの色移りが気になった時の対処法
ブラシについた色つきクリームが、ベージュなど色の薄い革製品についてしまう場合が。
ブラシを複数用意するのが理想だが、1つしかない場合は、ブラシにコットンなどの柔らかい布を巻いてブラッシング。
布を引っ張り上げるようにしてしっかり握ると、かけやすい。
ブラシの色移りが気になった時の対処法
すべてのケアの前に、必ずテストを!

What's New

栃木レザー株式会社

2017.10.27 | Interview 栃木レザー株式会社を公開しました。

2017.10.6
【お手入れレッスン】時々の簡単ケアを公開しました。
2017.9.29
【ハンドメイドレシピ】手縫いでつくる ポーチ&ミニクラッチバッグを公開しました。
2017.7.14
【お手入れレッスン】使用前のビフォーケア / 使用後のデイリーケアを公開しました。