Column

革の世界を知ろう 日本の革文化 世界の革産地

日本の革文化・世界の革産地

革の街を歩く - 浅草

革の街を歩く - 浅草

 年間600万人といわれる外国人旅行者のうち、約半数は浅草を訪れるという。浅草はまた外国人だけでなく、日本人にとっても古き良き日本に出会える特別な地であり、東京のキング・オブ下町といっていい存在だ。伝統的な"ニッポン"を求めてやって来る観光客の多くは雷門をくぐり、仲見世を抜け、常香爐からなる浅草を辿り、やってくる。すでに合羽橋は料理関係者のための問屋街を超え、一般客にも人気の散策エリアとなっているが、最近では若い店主の審美眼が感じられる新しいカフェなどもでき始めた。浅草の町の魅力も多様化してきている。

 さて、浅草といえばこの合羽橋道残りを今に伝える浅草は都内でも最も稀有なエリアだ。たとえば江戸通りを北上するように東武線浅草駅のガードをくぐれば歌舞伎の助六で知られる花川戸だが、ここには靴や履物問屋がズラリと並び、どことなく昭和の香り漂わせる懐かしい光景に出会える。

 さらに浅草で日本の革文化に触れたければ、そのまま江戸通りを北上するとよい。待乳山聖天を過ぎ、二股に分かれる道を隅田川沿いに進むと、そこには日本で唯一の革の博物館「皮革産業資料館」がある。ここや神社など日本の伝統的なるものへの関心が高まりはじめている昨今。また日用品の中に美を見出そうとする「民藝」が新しい世代を中心に静かなブームを呼んでいる中で、身近なディスカバー・ジャパンを目指して、ぶらり浅草散策に訪れる若い人が増えているのだ。

 彼らの足は必ずしも浅草寺だけでなく、たとえば老舗のパン屋の角食がお目当てだったり、合羽橋道具街に職人製の行平鍋を買い求めたり、とこれまでの定番観光コースとは異具街があるように、革問屋が集まる地でもあり、レザーファンにとっては聖地なのだが、案外広くは知られていない。靴、鞄、ベルトなど台東区の革製品の出荷量は日本一で、その拠点は浅草を中心としている。江戸時代、同業の職人や問屋が集まり各地で町が形成されてきた。その名には江戸時代の革製品などが保存状態もよく展示されていて、とても興味深い。このような日本人のもの作りの高い精神を身近に感じる場所を訪れると、観光色一辺倒の浅草だけでは見えてこない、この町の底力にガツンとやられる。日本の革に興味のある方ならぜひ一度は訪れてみていただきたい。

知りたい地方をクリックしてください
革の世界を知ろう『日本の革文化・世界の革産地』目次
  • Vol.7 ランドセル読本
    6年という長い年月を共にする大切なパートナー、ランドセル。実はここにもニッポンが誇る職人の技とものづくりへの想いが詰まっている。知れば知るほど、どれを選んでも同じという訳ではないことに気がつくはずだ。
  • Vol.6 革の国、紀州をゆく。
    日本の革の力を体感したい。その思いだけでこの地へやってきた。豊かな自然に囲まれた国、和歌山。かつては徳川御三家の一つであり、今は革の三大産地の一つである。その歴史と風土をかみしめながら、和歌山を、革を、旅する。
  • Vol.5 かばんの街「豊岡の旅」
    豊岡は歴史浪漫あふれる街。城崎温泉は1300年、出石そばは300年の歴史を誇る。いま、南北の観光地は、「豊岡鞄」を繋がりに賑わいを見せる。
  • Vol.4 革の街を歩く - 姫路
    姫路周辺地域は革なめしの工場が日本の中でも突出して集中している地域であり、全国の6割近いタンナーが姫路にある。新しい素材、色、加工と革の技術は日進月歩で向上している。その最前線がこの姫路なのだ。
  • Vol.3 革の街を歩く - 浅草
    年間600万人といわれる外国人旅行者のうち、約半数は浅草を訪れるという。浅草はまた外国人だけでなく、日本人にとっても古き良き日本に出会える特別な地であり、東京のキング・オブ下町といっていい存在だ。
  • Vol.2 世界の革産地を巡る旅
    人間の暮らしと密着している牛、馬、羊、豚が代表的だが、他にも革は無数の種類がある。ここでは世界中にある革とその国に伝わる技術の特徴を紹介しよう。
  • Vol.1 1000年以上の歴史がある日本の革文化
    日本の革の歴史は、飛鳥時代以前に大陸から渡来した人々によって、革の加工技術の多くが伝えられたとされている。ここでは、歴史とその地域の特性を紹介していく。

その他のコラム

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ入門ガイド
革の基礎知識