Column

革の世界を知ろう 日本の革文化 世界の革産地

日本の革文化・世界の革産地

ランドセル読本

とびきりのランドセルを贈りたい。

6年という長い年月を共にする大切なパートナー、ランドセル。
実はここにもニッポンが誇る職人の技とものづくりへの想いが詰まっている。
知れば知るほど、どれを選んでも同じという訳ではないことに気がつくはずだ。

そもそもランドセルってなんだ?

はじまりは大正天皇への入学祝い

幕末の日本に西洋式の軍隊制度が輸入されたときに、あわせて採用された布製の鞄が原型。その後、明治時代に開校された学習院において通学用に採用されたのがこのランドセルだ。当時、経済的な格差が大きく、裕福な子どもは馬車や人力車で通学し、荷物を使用人に持たせている子もいた。しかし同校において「学校ではみな平等」であるべきという理念の下、「学用品は自分の手で持ってくる」とし、この鞄を使い始めた。現在のような型になったのは、大正天皇の入学祝に当時の首相伊藤博文が特注して献上したもの。これが「学習院型ランドセル」と呼ばれ、今日に広がった。

はじまりは大正天皇への入学祝い
男の子は黒?女の子は赤?
男の子は黒?女の子は赤?

学習院に採用された当時は、黒革と決められていたが戦後、地方にもランドセルが普及するにつれ、男の子は黒、女の子は赤が定番となっていく。さらに現在では、革の加工、仕上げ技術の向上により、多彩な色、柄のランドセルが生まれている。全体よりも子どもの個性を大切にするといった学校教育の方針変革も影響しているのだろう。

おおきさはみんな一緒?

初期に比べてサイズは大きくなってきている。基本は学習道具がしっかりと入る大きさが基準となるため、その時代の学習道具のサイズが参考となっている。現在ではA4クリアファイルがすっぽりと入るサイズが推奨されており、各メーカーがその基準に合わせたランドセルをラインナップしている。ただし、全国で統一された基準はなく、例えばかぶせが通常の半分であるデザインや逆に大容量の収納が可能なランドセルがあるなど、多様性にあわせたランドセルも生まれている。教育の現場でタブレット端末の普及が進めば、もしかすると逆に小型されていく可能性も?

おおきさはみんな一緒?
学校によって決まりはあるの?

学校によって決まりはあるの?

前述した様に、これでなければいけないという基準はない。ただ、学校によって学校指定がある場合が多い。男女ともに同じ色、デザインで、校章がしっかりと刻印されたランドセル。生徒は皆平等という意味と、制服と同様にどこの学校の生徒か一目でわかるという利点がある。この場合、同じメーカーの同じ商品になるのだが、指定だからといって高いというわけではない。どちらかというとお手ごろ価格。指定のない学校の方が、子どもの意見、はたまた親、祖父母のこだわりにより、高級なランドセルを持っているケースが多々あるのだ。

6年間毎日使う鞄、お手入れは?
6年間毎日使う鞄、お手入れは?

基本は大人が使う鞄と同じ考え方。雨や汗などで濡れたままにしておくと、硬くなりヒビ割れの原因に。しっかり水分を拭き取って日陰干しを行おう。10日に一度は革用のクリーナなどでしっかりとケアしてあげれば、美しさは長持ちする。特に、背中に当たる部分や背負いひもは子どもの汗が染み込む部分。学校が休みの日は子どもと一緒にケアすることがおすすめ。子どもにとってはほぼはじめての革用品。モノを大切にすることと、モノづくりのすばらしさを伝える絶好の機会になる。

革の世界を知ろう『日本の革文化・世界の革産地』目次
  • Vol.7 ランドセル読本
    6年という長い年月を共にする大切なパートナー、ランドセル。実はここにもニッポンが誇る職人の技とものづくりへの想いが詰まっている。知れば知るほど、どれを選んでも同じという訳ではないことに気がつくはずだ。
  • Vol.6 革の国、紀州をゆく。
    日本の革の力を体感したい。その思いだけでこの地へやってきた。豊かな自然に囲まれた国、和歌山。かつては徳川御三家の一つであり、今は革の三大産地の一つである。その歴史と風土をかみしめながら、和歌山を、革を、旅する。
  • Vol.5 かばんの街「豊岡の旅」
    豊岡は歴史浪漫あふれる街。城崎温泉は1300年、出石そばは300年の歴史を誇る。いま、南北の観光地は、「豊岡鞄」を繋がりに賑わいを見せる。
  • Vol.4 革の街を歩く - 姫路
    姫路周辺地域は革なめしの工場が日本の中でも突出して集中している地域であり、全国の6割近いタンナーが姫路にある。新しい素材、色、加工と革の技術は日進月歩で向上している。その最前線がこの姫路なのだ。
  • Vol.3 革の街を歩く - 浅草
    年間600万人といわれる外国人旅行者のうち、約半数は浅草を訪れるという。浅草はまた外国人だけでなく、日本人にとっても古き良き日本に出会える特別な地であり、東京のキング・オブ下町といっていい存在だ。
  • Vol.2 世界の革産地を巡る旅
    人間の暮らしと密着している牛、馬、羊、豚が代表的だが、他にも革は無数の種類がある。ここでは世界中にある革とその国に伝わる技術の特徴を紹介しよう。
  • Vol.1 1000年以上の歴史がある日本の革文化
    日本の革の歴史は、飛鳥時代以前に大陸から渡来した人々によって、革の加工技術の多くが伝えられたとされている。ここでは、歴史とその地域の特性を紹介していく。

その他のコラム

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ入門ガイド
革の基礎知識