Column

革の基礎知識 Basic knowledge of Leather

革の基礎知識

皮から革へ

皮がどのように製品に使われ、その特長をどう活かしているかは案外見えやすい。しかし、その原点である“なめし”の現場では、いったいどのような工程が行われているのだろう?

3. なめしの種類

ナチュラルな風合いのタンニンなめし

タンニンなめし
▲ 濃度の違うタンニン槽に順繰り漬け込んでゆく製法のため、時間がかかる
植物の渋を利用したなめし。染料の吸収がよく着色しやすい。ただ工程には2週間以上かかることも。仕上がりは硬く丈夫で、紳士鞄などに人気。一方で着色していないヌメ革も人気。この色、実はタンニンの色だということは覚えておきたい。

しなやかで発色のよいクロムなめし

タンニンなめし
▲ 「タイコ」と呼ばれるドラムに、皮と薬品を入れまわす。時間、薬配分は経験が重要
短期間でなめすことが可能なうえ、加工をしやすいという利点で皮革製品の主流。「合タン」というタンニンと合わせた革など、他のなめし剤との組合せも可能と用途は広い。最近では技術向上によりエコの面でも優秀な革が多く出ている。

その他のコラム

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ入門ガイド
日本の革文化 世界の革産地

Category

What's New

栃木レザー株式会社

2017.10.27 | Interview 栃木レザー株式会社を公開しました。

2017.10.6
【お手入れレッスン】時々の簡単ケアを公開しました。
2017.9.29
【ハンドメイドレシピ】手縫いでつくる ポーチ&ミニクラッチバッグを公開しました。
2017.7.14
【お手入れレッスン】使用前のビフォーケア / 使用後のデイリーケアを公開しました。