Column

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ基礎知識

革製品のお手入れ

諦めるのはまだ早い!革製品のトラブル対処テク
1. 使っているうちに縁が剥げてしまった!

自分では対処できないと思われがちな革製品のトラブルも、実はセルフケアが可能。よくある革製品のトラブルをピックアップし、専門家に伝授していただいた。

1. 使っているうちに縁が剥げてしまった!

色が剥げた革製品ほどみすぼらしいものはない。
そろそろ変え時!?いえいえ、新品のように蘇る方法があるんです。

縁が白茶けてしまったお財布。乾燥によるひび割れやシワも気になる。剥げ部分の色と全体の潤いを取り戻したい!

■ 使用するグッズ
ブラシ / 皮革用ローション / クロス

STEP 1 ブラッシングでホコリを払う

毛穴に詰まったゴミは革の寿命を縮める。汚れを掻き出すにはブラッシングが最適!

ブラッシングでホコリを払う

毛穴などには細かなゴミが入り込んでおり、革の呼吸を妨げ、結果、寿命を縮めてしまう。ブラッシングはなでる感覚で満遍なく、が肝心。

ブラッシングでホコリを払う

縫い合わせの部分や財布の内部は特にホコリが溜まりやすい。左と同じ要領で丹念にブラッシングを。

STEP 2 ローションを布に馴染ませる

汚れを落とし、保湿する役割を担うローションは少量を丹念に、がキモ。

ローションを布に馴染ませる

ポケットサイズのお財布なら、ローションの量は豆粒大で十分。何事もトゥーマッチはよくない。足りなければ、都度足していこう。

ローションを布に馴染ませる

ローションはクロスに垂らし、揉んで馴染ませること。とにかく少しずつ、がポイント。革に直接つけるのはNG。

STEP 3 全体にのばして汚れ落とし&保湿

ローションで色が滲み、剥げた部分を自然に補色。

全体にのばして汚れ落とし&保湿

剥げた部分を中心に馴染ませていく。塗りムラができないよう手早く。そのまま全体に塗り広げ、革表面や毛穴に付着した汚れを取る。

全体にのばして汚れ落とし&保湿

ローションで滲んだ色が剥げた部分に広がり、染料を使わなくても自然に補色してくれる。同時に、保湿成分が革に潤いを与えてくれる。

STEP 4 きれいな布で乾拭きする

浮き上がった汚れをぬぐうと同時に、保湿成分を含浸させる最後の仕上げ。

きれいな布で乾拭きする

乾拭きには保湿成分を馴染ませる意味もあるので、若干強めの力で磨こう。汚れ落しに使ったクロスを続けて使う場合は、きれいな箇所で。

きれいな布で乾拭きする

縁は磨耗が激しく、乾燥しがちな部分。色が剥げている部分とあわせて、くり返し磨き込もう。

色が馴染まない所はマニキュアでカバー!

ローションで色が馴染まないコバなどには、顔料が主成分のマニキュアを使おう。剥げた部分を隠してくれるコンシーラー的存在。ブラシの先でちょんちょんと塗るのがコツ。

靴用のクリームは色移りの原因に

同じ革製品でも、靴用のクリームをお財布に使うのは避けたほうがベター。ポケットに入れた時服に色が移るなど、トラブルの原因に。

ローションで毛羽立ちが収まり、自然と補色されたことで剥げた部分が目立たなくなった。保湿効果により潤いも復活!

革のスキンケアをはじめよう『革製品のお手入れ 入門ガイド』目次

その他のコラム

革の基礎知識
日本の革文化 世界の革産地

Category

What's New

時々の簡単ケア

2017.10.6 | Lesson 時々の簡単ケアを公開しました。

手縫いでつくる ポーチ&ミニクラッチバッグ

2017.9.29 | Handmade recipe 手縫いでつくる ポーチ&ミニクラッチバッグを公開しました。

2017.8.21
【お手入れレッスン】使用前のビフォーケア / 使用後のデイリーケアを公開しました。
2017.7.14
【ハンドメイドレシピ】手軽にクリエイター気分 簡単レザーブローチを公開しました。
2017.6.9
【日本の革コラム | 革製品のお手入れ】5分で実践 自宅で応急処置メンテ を公開しました。