Column

革のスキンケアをはじめよう 革製品のお手入れ基礎知識

革製品のお手入れ

ヌメ革鞄のいたわりかた

【ヌメ革鞄のいたわりかた】 光沢の美しいヌメ革鞄は暮らしのパートナ−。末長く付き合っていきたいものだが、その方法とは?

週1ペースでメインテナンスをするだけで効果てきめん。
それほど時間もかからないので、実践してみよう。

■ 準備する道具
軟らかい毛のブラシ/目の細かい布/適性の合ったクリーム

step1:ブラッシング

ブラッシング

point

表面についたホコリと細かい部分の汚れを払う。スムースレザーだとかけすぎると表面が傷つくので、毎日鞄を使っている人でも週1くらいのペースで十分

step2:布拭き

布拭き

point

ブラッシングが終わったらカラ拭き。はじめは目が粗い布を使い、仕上げは目の細かい布で、圧力をかけず撫でるように拭き上げるときれいなツヤが出る

step3:クリーム塗布

クリーム塗布

栄養クリームは塗りすぎに注意。
布に少量を取って、薄く均質に伸ばすことを心がけよう。

→

クリーム塗布

毎日使う場合と年に一度使う場合でも手入れの頻度は異なる。また、自分の手でメインテナンスすることが難しい場合は、購入したショップで見てもらおう

point:水分はヌメ革の大敵。極力濡らさないように気をつけ、濡れたら「すぐ拭き取る」ことを心がけよう。

ヌメ革メンテの基本

其の壱

高温多湿、直射日光を避け、カビや汚れの付着を防ごう。通気性の良い場所で保管し、革に与えるダメージを極力減らすと良い。

其の弐

ブラッシング、布拭き、場合によりクリーム塗布のメインテナンスを定期的に。やり過ぎるとダメージになるので程よい加減で

其の参

ヌメ革は持ち主一人ひとりが育てるもの。傷やヒビ割れを風合いと解釈できれば、ものに対して今までより愛着がわいてくるはず。

革のスキンケアをはじめよう『革製品のお手入れ 入門ガイド』目次

その他のコラム

革の基礎知識
日本の革文化 世界の革産地

Category

What's New

2017.12.07
【ハンドメイドレシピ】手縫いでつくる カードケースを公開しました。
2017.11.22
【お手入れレッスン】時々の本格ケアを公開しました。
2017.10.27
【インタビュー】栃木レザー株式会社を公開しました。